失敗しない転職

【失敗しない転職のしかた】転職を決意するべきタイミングと判断材料6選

転職するのって勇気と気力がいりますよね

ほとんどの人が転職は初めての経験です。

そんな転職初心者が失敗しないために

押さえておくべきポイントをまとめました

転職するべき判断材料

あなたは何故転職したいのですか?

給料を上げたい

休みが欲しい

職場環境が嫌だ

仕事が楽しくない

将来性がない

新しいことにチャレンジしたい

大まかに分けるとこんな感じでしょうか

すべての理想がかなう転職というのは稀です

理想を叶えるためにはリスクを負うのも覚悟しないといけません。

給料をあげたい

給料を上げる方法もさまざまで、それに伴うリスクも変わります。

働く時間を増やす

サービス残業がなく、残業が支給される会社

交代制勤務を辞める

出勤日数を増やす

リスク

プライベートの時間が少なくなる

体調を崩す恐れがある

副業や勉強する時間が無くなる

給料をあげるという理由だけでは転職する時に見るポイントが広すぎます。

サービス残業をなくしたいのか

基本給が多い仕事に転職するのか

休みを削ってでも働ける仕事がいいのか

改善したい点を明確にしながら転職活動をすすめていきましょう

自分では客観的に見れない人は

転職エージェントに相談すると楽で確実です。

時間給を上げる

時間あたりの単価を上げる方法です。

通常は同じ会社で役職を上げて昇給することで時間給があがっていきますが

転職で時間給を上げる場合はこんなパターンがあります

特殊な技術が必要な専門職

責任が重い仕事

危険を伴う仕事

人が嫌がる仕事

リスク

専門知識を習得するのに時間がかかる

過度なストレスがかかる

怪我をするリスク

信頼性を失う可能性がある

時間給をあげるということは相応の対価が必要です。

自分のスキルをあげていくことが正攻法ですが、すぐに時間給を上げたい場合は

リスクを取っていく必要があります。

普通の人は嫌がることだけど自分はあまり苦に思わない

そんな会社に転職するとうまくいくでしょう。

休日が欲しい

働きすぎの状態からワークライフバランスを重視する時には

こんな項目に注目です。

残業が少ない職種

企業を相手にする仕事

年間休日が多い仕事

リスク

年収が下がる可能性

社会人経験がないと採用されにくい

採用倍率が高い

ワークライフバランスを重視する人は年々増えているのでライバルは多い転職になるでしょう。

職場環境が嫌だ

上司が嫌だ、同僚が嫌だ、部下が嫌だ…

主に人間関係で悩む転職の場合はこんなポイントに注目しましょう

平均年齢が自分に近い業種

男女比が偏りすぎていない職場

離職率が低い会社

正社員で構成されている会社

リスク

実際に入社してみないとわからない

自分のスキルが低いと根本的には改善しない

普通の求人では調べようがない

職場環境は入社してみないとなかなかわからない部分です。

口コミサイトや転職エージェントなどに確認してもらうと

よりリアルな情報が得られるので活用しましょう

仕事が楽しくない

やりがいが感じれない仕事を続けるのも辛いものです。

変化のある刺激的な職種を選ぶポイントはこちら

歩合給のある仕事

社会的トレンドに関わる仕事

新しいことにチャレンジしている企業

リスク

実力がないと年収が低くなる可能性

自ら勉強しないと周りについていけなくなる

チャレンジが失敗すると業績悪化で再転職の恐れがある。

この理由で転職するのはオススメしません。

仕事が楽しくないというのは転職するのには漠然とした理由で

失敗する可能性が高いです

今の会社で配置転換や異動することで問題が解決されるかもしれないので

まずは人事に相談してみてはいかがでしょうか?

将来性がない

明らかに需要が少なくなってきている仕事の場合は早めの転職準備をおすすめします。

また、一族経営の会社の場合は正当な評価がされず出世がほぼ出来ない等の場合も

注意しましょう。将来性がある企業を見極めるポイントはこちら

経営者が変わってから業績が上がっている会社

株式会社、上場企業。

創業者と現在の役員が一族経営ではない会社

リスク

自分のスキルに問題がある場合は転職しても解決しない。

正当評価=ごまかしが効かない。

競争率が高い

将来性がないと感じたらまず自分のスキルをあげて、密かに自分の市場価値を高める行動をしましょう。

じつは会社が新しい事業を始めているのにあなたがそれに気づかずに悲観しているだけかもしれません。

将来性がないか判断するポイントは

上長にやる気がない、業務改善を諦めている

こんな会社は危険信号です。

見切りをつけてさっさと転職してしまいましょう。

新しいことにチャレンジしたい

新しいチャレンジは自分のスキルを大きく伸ばしてくれます。

初めての転職の時はこの理由が多いですが、後悔する転職になる可能性がもっとも高い理由なので十分注意が必要です。

チャレンジしてみるならこんなポイントに注目してみましょう。

自分が好きな事ができる会社

自分が憧れる職業

すでにそのジャンルで実績が出せている・出せそうな職種

リスク

待遇、給料すべて悪くなる可能性大

仕事でやってみたら全然楽しくない

周りについて行けない

新しいことにチャレンジしたい』という理由は聞こえは良いですが結局のところ

今の職場で結果が出せていない」「なにか逃げ出したい理由がある」というマイナスな転職になるケースが多いです。

面接官も新しいことにチャレンジしたい理由が曖昧な場合は

うちに入社してもやりたいことが見つかったとかいってすぐ辞めるのではないか

こんな風に思われるかもしれません。

新しいチャレンジをしたい場合はまず副業として試してみて、

自分でも稼げるか?楽しいと思えるか?

しっかりと確認してから転職に踏み切りましょう

まとめ

転職を意識しているときは『早く今の環境から抜け出したい!』と思うがあまり

冷静な判断、分析が出来ていません。

自分が転職したい理由をすべて書き出して可視化すると

転職するべきかどうか

どんな業種に転職するべきか

色々と見えてくるものがあります。

この会社、なんか違うかも

そう思ったら少しづつ転職準備をすることが大切です。