YouTubeのはじめかた

YouTuberの始め方【初心者が知っておくべき知識・ツール・機材の紹介】

あなたはYouTube好きですか?

私はもちろん大好きです!

スキマ時間があれば常に動画を再生しています。

最近では有名YouTuberの月収などが明らかになってきて

まさにYouTubeドリームが注目されています。

『YouTuberとして動画を配信したいなぁ』

そんな声もよく聞くようになってきました

社会人くん
社会人くん
YouTubeを始めたいけど何から始めればいいの?

こんな悩みを解決します。

まずはチャンネルを開設しよう

YouTubeはGoogleが運営しているのでまずは

1 Googleアカウントの登録

2 YouTubeアカウント登録

3 YouYubeチャンネル作成

この手順で登録していきます。

詳しい記事は「YouTubeのチャンネル作成方法【2020年版】」を

みるとわかりやすいです。

始める前に:結果はすぐに出ません。期待してるとマジで絶望します

YouTubeのチャンネルを作って動画投稿すると

どれくらい再生されるかな?100再生くらいいくとうれしいな♪

なんて夢見心地でいると絶望します。

一番初めの動画の再生数は5回いけばいいほうです。

(そのうち3回は自分が再生した回数…絶望)

マジで10回いくまでに相当時間がかかります。

全く知名度がない素人が100回再生されるようになるには少なくとも20~30本の動画を

あげた後だと思っておいたほうが良いです。

はじめのうちは

「動画編集テクあがってきたな~」

「しゃべり方もうまくなってきたぞ!」

みたいに再生回数にとらわれずに動画の内容を改善していくことに注力していくと

あまりへこまずに済みます。

1・YouTubeの始め方①まずはスマホで撮ってみる

はじめは3分くらいの動画を試しにとってみましょう

内容は何でもいいです

顔出しOKなら自撮りでしゃべってみる

顔出しNGなら野良猫とたわむれる動画とかでも良いです

※野良猫とたわむれるのを極めたYouTuberもいます

顔出しNGで自撮り動画を作る場合は

スライド解説動画が始めやすいです。

最初の20〜30本は投稿になれるために

練習だと割り切って取りあえず投稿しまくってみて下さい

え?黒歴史になるから嫌だって?

そんなの消しちまえばいいんだよ…

2・YouTubeの始め方②編集してみる

投稿に慣れてきたら次は編集してみましょう

今の段階では凝った編集は必要ないです

基本の

カット

テロップ

音入れ

ここからはじめてみましょう

最初は無料編集アプリで十分です!

オススメ編集アプリ

VLLO(ブロ)

無料プランでも基本的な編集は全てできるのでオススメ!

色々試したけどVLLOが一番使いやすかったです。

音楽も著作権フリーのサイトからダウンロードしてアプリに取り込めます

iPhoneユーザーには最初から入っているiMovieも編集しやすいです

ただしテロップは使いにくいのでほかのアプリでテロップ入れするのをオススメします

3・YouTubeを始めるときに知っておくべきこと

完璧を求めない

YouTubeをはじめた人のほとんどが10本動画を上げる前にやめてしまいます

その原因は

動画編集が思ったよりキツイ

まったく再生数伸びない

登録者数も伸びない

ようするに心が折れます

YouTubeは結局のところ広告ビジネスです。

継続性がある

評価が高い

視聴者が多い

お金を払うならこういうチャンネルに広告費を使いたくないですか?

自分のチャンネルが会社だとしたら

はじめたばかりのチャンネルには実績も社歴もほとんどない状態です。

グーグルも

実績がある

評判がいい

たくさん宣伝してくれる

こんなチャンネルを優先してオススメに出してくれるのです。

You Tubeは突然急激に伸びる

これはある程度の実績が出てきたチャンネルはグーグルも

お?ここのチャンネルは実績と評判が良いからもっとオススメしてやろう

と判断した時に急激に視聴回数と登録者数が増えてくるのです。

グーグルに認識してもらうために最低でも20〜30本は継続して動画を投稿していくことが大切です。

先人たちも苦労している

YouTuberといえばHIKAKIN

HIKAKINも最初の動画はほぼ無編集の

ヒューマンビートボックスでした。

HIKAKINも数年間は鳴かず飛ばずの再生数しかなく

苦しい思いをしたそうです。

無編集で画質も荒く、完全に自分の練習用として投稿しています。

そこから試行錯誤を繰り返し、ある一つの動画がきっかけで

一気にブレイクします。

アメリカのYouTubeでもオススメに表示され尋常じゃないアクセスが集中しました

これがきっかけで視聴回数、登録者数が急激に伸び、Googleに認知されたことで

一躍スターYouTuberとして認知されていきました。

まとめ

まずは動画を投稿することに慣れよう

無料アプリで編集の基本を学ぼう

継続が何より大事!下積みがあることを理解しよう

今をときめくスターYouTuberも最初の数年は下積みをしています。

そして例外なく試行錯誤を繰り返し、本気でYouTubeに取り組んでいます。

偉大な先人たちが残してくれたノウハウを活かし、YouTubeの世界に飛び込んでみましょう